DPSブログ


現場告知7/21,22 クリスチャンレナート

7月21,22日 銀座(イベント撮影)

 

フランス発 クリスチャンレナート 日本初上陸


美容家や美容ブロガー、インスタグラマーなどが招待されているようです。

 

素敵な時間になりますように🌸

nozaco

MARIA 35号 表紙モデルは五味澄子さん

<設置場所>

イクスピアリ:ターリーズコーヒー/カリス成城/生活クラブ浦安店/yogaカフェbress/みずならの木/おもてなしラボ/光の子保育園/車検のコバック(鈴木自工)/寺小屋オーガニックカフェEDEN/ホヌカフェ/ユーキッズ/Walea'aina/南インド料理hana/AlohaticShopPUALLI/生活クラブ木刈店古民家「風楽」/カフェ美音/有機菜園ダイニングタベルナ/チルドリンカフェ/ライフショップカンダ/島ごはん/ナリス西葛西/アロマアンジェ/カフェリネア/北葛西おひさま保育園/きっずえんじぇる西葛西店/京成ユーカリが丘駅/DivineProportionStusio 他

色を付けない配慮

「仲良しアピール」ってするじゃないですか。


長く生きてくると・・・人との関係性において、相互に色をつけない距離感(精神的には影響受けあっていても)というのが、そっけないというのではなくて、あえての配慮だと感じています。こういう感覚って言わなくても相互にわかりあっていると信じています。

 

相互に同じくらいのエネルギーがあれば気にしなくても大丈夫なのですが、外的パワーバランスが対等でない場合、強い方の印象フィルターを受けてしまうので(良くも悪くも)「私たちって仲良しなの」というのが強烈すぎてしまうのは、逆に「そういう繋がりがあるなら声かけるのやめておこう」とか「その系列ね」など、女性は特に色々と感じ取るものなので、守りたいからこそ静かに。。。という感覚を取り戻している感じもあります。

ただ、広告の意味で投稿する必要があったり、あえてのアピールも印象付けていく過程では必要だし、バランスって難しいですが、まあ、私は誰かに色を付けたいとも思わないし、直接、私と向き合ってくれる人と本音で話したいと思っています。

逆に、それを承知で「濃く色付けていく」ということをして囲っていく場合もあるので、自分はどうありたいか、個々がしっかりと「自分」というブランド・素材を大切にしていけたらいいのでは〜と思っています。

SNSでコメントをあまりしない理由はそういうこともありますのであしからず。。。

0 コメント

MARIA28号 表紙モデルは胡咲コズさん

http://ameblo.jp/kozuemethod/

http://onamaemethod.com/
おなまえ®メソッド創始者 胡咲コズ(うさきこず)さん

爽やかな笑顔をありがとうございます!!


「Sheという生き方」予約注文完了

著者プロフィールが使われるので、予約♡
私も一人の女性として気になるタイトル
嶋守さやか・廣田貴子さん(共著)

 

タイトル:『Sheという生き方

ジャンル:エッセイ/女性・家族論

出版社: 新評論

10月中旬には届くらしい・・・楽しみです。